読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高雄観光 blog

淺草から台湾・高雄にワープした、kazanの高雄観光紹介です。

洗剤のCM「キュキュキュッ」にみるカルチャーショック

「ヌルーとした仕上がりの洗いは勘弁してくれ」

台湾人の物を洗うセンスは、かなりお粗末です。
それともこれが普通で、日本人の感覚が異常なのか。

 

昔、日本で洗剤のTV・CMで食器の洗いあがりが、指でこすると「キュキュキュッ」と鳴ることをキャッチにしたCMがありました。

 

台湾人に、タッパに食材を入れておすそ分けし、洗ったタッパを受け取ることが、ままあります。 その戻ってきたタッパが触ると「ヌルッ」とした感触。。💢

 

日本人の潔癖性が「キュキュキュッ」と鳴るまでの仕上がりを、良しとするのだとは思うのですが、日頃より、市場で「これ新鮮ですか?」と馬鹿ならぬタコみたいな質問をして、とかく「新鮮」「清潔」「綺麗」を旨とする文化を偉そうに、kazanに、説教する連中に言ってやりたくなります。

 

「ヌルーとした仕上がりの洗いは勘弁してくれ」

 

 が、そんなたいそうな中国語・台湾語は知らないから、いつもパスしては、自分で洗いなおしながら、ついつい懐かしく思い出すあのCMです。

 

小さなレストランと言うより、食堂の横か店先の脇の蛇口の近くで、塩ビの「タライ」二個に水を張り、最初に洗剤入の水で、洗っては、隣の真水で洗い流す様子は珍しくはありません。しかし見ていると、どう見ても大雑把そのものです。

 

たまに飲みに行くと、飲み屋のグラスは「台湾ビール社」からの、貰い物のグラス(実はどこに行っても、ホテル以外は、ほとんどがこのタイプです) ですが、口元に持って行くと、「臭い」ことが結構あります。

洗い方が大雑把なのです。

こんな時、日本の「キュキュキュッ」の文化が懐かしくなります。 今度の秋口には一度帰国をしようかと、ふと思った。。一瞬です。