読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高雄観光 blog

淺草から台湾・高雄にワープした、kazanの高雄観光紹介です。

台湾・高雄・Kaohsiung 天気情報/8月15日

f:id:kazan105:20160815234326p:plain

またやってきました8月15日、終戦記念日

日本の精神風土の根幹が崩れた71年前の今日、無論kazanは生まれていませんが、陸軍の下士官であった親父殿は、香港で敗戦を迎えたらしいです。

母方の伯父はフィリピンで戦死しており、真摯に考えれば、本来ならシリアスになるところですが、親父殿の兄弟は他に長兄が北支、弟の伯父が、満州からシベリアに行っていますが、全員幸運にも生還しています。

そうしたこともあって、戦争を知らない世代にあるkazanには、知識としての終戦しかありません。

それでも、大東亜戦争の開始に、日本が経済封鎖され、生存権のために、すでの日中戦争に、フライングタイガーな義勇軍の形で介入していた米国に宣戦ということが、当然の帰着であったことなど位の知識は持ち合わせて居りますので、少なからず厳粛な気持ちになります。

まして、日本の最後通牒がおくれて、いかにも、不意打ちを受けたと言わんばかりのアメリカ・ルーズベルトの陰険な陰謀には生まれていないにもかかわらず、義憤を感じるものです。

 

よく、市民と称するグループに属す人々は、「軍国主義の日本は負けてよかった」とふざけた事をほざきがちですが、「戦は始めた以上は勝たねばならない」これは古今を通しての定理だと思っています。

 

その証拠に、理不尽な事後法で開廷された「東京裁判」の不当性を、国体の維持のために甘んじて勝者によって裁かれる悲運を受けざるを得なかったことを思えば、なおさらです。

そんな思いをしながら迎えた8月15日、11時の日本時間正午に北北東に向かって厳粛に黙とうしました。

台湾・高雄・Kaohsiung 天気情報/8月15日

f:id:kazan105:20160815234626p:plain