読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高雄観光 blog

淺草から台湾・高雄にワープした、kazanの高雄観光紹介です。

台湾・高雄・Kaohsiung 天気情報/9月13日

吉川英治・鳴門秘帖を青空文庫で読み始めました。

新しいiPadエアのメモリーが64GBで気を良くして、青空文庫を覗いてみたら、数年前に比べてコンテンツが豊富になり、驚きました。

めくっていくと、吉川英治のところで、興味のあるコンテンツに目が留まりました。

「鳴門秘帖」です。

映画では、東映鶴田浩二が虚無僧姿に扮する時代活劇なのです。

f:id:kazan105:20160913214206p:plain

検索してみたら、大映では長谷川一夫市川雷蔵で、また同じ東映では市川右太衛門の別の作品がありました。

こうしたことを考えると、大衆小説としては、吉川英治の当たり本であったのでしょう。

何度か複数の映画会社で撮られていますから、今なら、藤沢周平、和田竜、佐伯泰英のようなジャンルの作品であったのだろうと想像します。

 

無論kazanが知っているいるのは鶴田浩二が法月弦之丞(のりつきげんのじょう)に扮するバージョンで、行きつけの銭湯の壁に垂れ下がったポスターをおぼろげながら記憶していました。

このようなきっかけで、ダウンロードしたのですが、小説の構成が、現代風ではなく、かと言って講談本の様なリズムでもなく、結構読み始めてから往生しています。

要するの、昨今の時代小説の様な文体とリズムではないのです。

かといって、パパンパンパンの講談調のリズムでもありません。

吉川英治の本は、宮本武蔵三国志を愛読しましたが、まったく作風が異なって面食らっています。

一巻目・上方の巻、231ページ66ページまで進行しましたが、完読できるかどうか?

今週は、夜のウイスキーを控えて、「電子本」に集中してみようかと思っています。

台風も来ますから丁度いいタイミングかもしれません。 また報告いたします。

 

台湾・高雄・Kaohsiung 天気情報/9月13日

 

f:id:kazan105:20160913220835p:plain